2017年03月10日

地中海食で乳癌のリスクが40%も下がった

オランダから地中海食にすると乳癌のリスクが40%も抑制できたとする報告がありました.若年性乳がんが遺伝子の影響を強く受けるのに較べて,閉経後乳がんは生活習慣の影響が強く食生活の改善で好結果が得られたとするものです.6万例の20年にわたるコホート研究ですから労力も大変なものです.
地中海食は心臓にも良いといわれますが,内容は植物性蛋白,全粒粉,魚,不飽和脂肪酸を摂り,小量のアルコールは摂ってよく,赤い肉,果物は少なくというものです.
ご覧になっておわかりのとおり,地中海食が日本食にちかいといわれるのも道理ですね 全粒粉は玄米ご飯が相当するでしょうか
食生活の改善でがんのリスクも減らせるのです.これを機会に見直してみられて下さい

(Cohort Study, 62,573 women aged 55–69 years provided information on dietary and lifestyle habits in 1986. Follow-up for cancer incidence until 2007 (20.3 years))

The traditional Mediterranean diet is characterized by a high intake of plant proteins, whole grains, fish, and monounsaturated fat, as well as moderate alcohol intake and low intake of refined grains, red meat, and sweets,
Cancer Epidemiology
Mediterranean diet adherence and risk of postmenopausal breast cancer: results of a cohort study and meta-analysis
Authors
Piet A. van den Brandt,
Maya Schulpen
First published: 5 March 2017Full publication history
タグ:乳がん
posted by yamafcBLOG at 16:09| Comment(0) | がん