2017年03月17日

健康長寿に”最強の補剤”

わたしは漢方薬をよく使います.
今日は”最強の補剤”のことをちょこっと
フレイルとサルコペニア 最近,くにがやっきになって横文字を使っていますが,お聞き及びでしょうか?
サルコペニアは筋肉が衰えること
フレイルは体重減少,だるい,活動性が落ちた,歩く速度が落ちた,筋力握力が落ちたのうち3つが当てはまることをいいます.
漢方でこの状態をみると”腎虚”となるのでしょうか
一般に腎虚に使うのは 八味地黄丸 八味丸 です。
でもここでお勧めする”最強の補剤”は、人参養栄湯 です。
補剤には補中益気湯、十全大補湯などもあります。
人参養栄湯は清朝の皇帝も珍重したとされる処方だそうです。
多くの生薬から構成される処方ですが、なかでも”おんじ”遠志という生薬
これは記憶中枢に働いてど忘れを改善するとか  気になるお薬ですね
posted by yamafcBLOG at 17:56| Comment(0) | 漢方