2017年04月17日

葉桜

かなり粘って咲いていた桜もすっかり葉桜になってしましました.
花は桜木,人は武士 などという唄もありますが,
散り際の良さを褒められても さくらもあまりうれしくないかもなと思います
ソメイヨシノの寿命が一斉につきるなどと噂されていますが,
さて どうなんでしょうね
posted by yamafcBLOG at 15:56| Comment(0) | 日記

2017年04月12日

ことしの桜はゆっくりです.
小学校の入学式に桜を見たのは50年前ですが,最近は3月末に満開になっていましたね
ことしは4月中旬まで見られるなんて,
途中で急に寒くなった影響ですね
今しばらく楽しみます.
ファイルは4/9のものですIMG_4694.JPG
posted by yamafcBLOG at 13:27| Comment(0) | 日記

2017年04月08日

ボツリヌス その2

先日は乳児への蜂蜜は控えましょう,だめですよ
と書きましたが,東京都健康安全センターが出していますように
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/assets/diseases/botulism/hitokuchi-joho.pdf?20170314
ボツリヌス菌は土壌細菌ですので,芽胞になると簡単に滅することができません.
従って,きちんと洗わないと生野菜ジュースも危険なのです.
乳児の離乳食はしっかり火を通してあげて欲しいなと思います.
おとなは蜂蜜食べても大丈夫なの?
乳児が危険なのは乳児期特有の腸内細菌叢が関係しているそうです。
http://idsc.nih.go.jp/iasr/29/336/tpc336-j.html
生後1歳未満の乳児が芽胞を経口摂取することによって、腸管内でボツリヌス菌の発芽・増殖がおこり、産生された毒素によって発症する感染型の疾患である。1歳未満の乳児が発症するのは、腸内細菌叢が成人とは異なりボツリヌス菌の定着と増殖がおこりやすいためと考えられている。症状は便秘傾向にはじまり、全身の筋力低下をきたす。泣き声や乳を吸う力が弱まり、頸部筋肉の弛緩によって頭部を支えられなくなる。顔面は無表情になり、散瞳、眼瞼下垂、対光反射の緩慢などボツリヌス食中毒と同様な症状が現れる。呼吸障害が生じ重症化すると死に至ることもあるが、乳児ボツリヌス症の致死率は食中毒に比べると低く2%程度である。
posted by yamafcBLOG at 09:14| Comment(0) | 感染症